小児の肘内障

小児の肘内障

肘内障について

 

肘内障は5歳未満の幼児に多くみられ、男女差や左右差はありません。

肘内障の特徴は「急に肘のあたりに強い痛みを訴え、ダランと腕を動かさなくなり、泣きわめく」です。

 

肘内障の発症例は

「手をつないでいる時」が最も多いです。

  • 急に転びそうになった
  • 急に逆方向に走り出した
  • 急にしゃがんだ
  • 遊んでいて不意に手をついた
  • 寝返りをしたあとから腕を動かさなくなった
  • 両手をつないでブランコみたいな遊びをしたなど

手や腕を「急に引っ張ったとき」「ピーンと肘が伸びた状態での遊び」の際に肘内障が発症します。

お子さんはとても強い痛みを感じるので、泣きじゃくります。

 

 

肘内障の患部の様子はというと

「見た目の変化はない」のが特徴です。

赤くはれたり、腕が変形しているなどといった様子はありません。

 

【肘内障の原因】

肘の靱帯から肘の外側の骨(橈骨頭)が「はずれかかる」ことによって起こります。

個人差もありなりやすい子もいます。ただしなりやすい子も骨格の発達につれ、起きなくなっていきます。

 

【肘内障の治療】

「手」で治します (徒手整復)

肘内障は骨折や脱臼ではない為、病院でのレントゲン撮影では異常は見つかりません。

ただし肘内障と診断する為にレントゲン撮影を行うこともあります。

高いところから落ちたり、強くぶつけた場合、腫れが異常に強い場合は、手や肩、鎖骨などの骨折の可能性もあります。受傷起点や経過から骨折が疑われる場合には整形外科の受診をお願いすることもあります。

上記の文章から「肘内障かな?」と思いましたら当院に至急ご連絡ください。

整形外科で勤め、肘内障に対する徒手整復の症例はたくさん診てきました。

「判断が難しい」「わからない」が当然です

いざ目の当たりにすると落ち着いた対処もなかなか困難かもしれません。

 

【無料相談】

随時可能ですので、お気軽にご相談ください

PAGE TOP