頸肩腕症候群(けいけんわん しょうこうぐん)

頸肩腕症候群について

下記のような部位に痛み/こり/しびれなどの症状が現れた状態を頚肩腕(けいけんわん)症候群といいます。

 

  • 首周辺
  • 背中
  • 手首
  • 手など

 

頚肩腕症候群は、神経や血管への圧迫、筋肉への負荷により首周辺・肩・背中・腕・手・手首などに痛みやこり、しびれが現れる過労性疾患の1つです。

 

頸肩腕症候群の細かな症状としては以下のようなものがあります。

 

・腕や手が冷たくなる
・ものが書きにくくなる
・脱力感
・腕が重く感じる
・運動をすると痛みが増す
・不眠
・食欲低下
・じっとしていても痛みが現れるなど

 

以前はレジ打ちやキーをたたく仕事は女性の割合がほとんどで男性よりも筋量の少ない女性は、手や手の指の筋肉は小さく、酷使すると筋疲労の回復速度も緩慢なため上記のような症状に悩まされていました。

今では男女ともにパソコンやタブレット、スマホなどを使う機会が多くなり、この症状に悩まされている人も多いです。

 

 

頸肩腕症候群が起こり得る原因

・長時間同じ姿勢でのデスクワーク
・パソコンなどで手や腕を繰り返し、同じような動作をする
・自分に合っていない机や椅子、部屋の照明、エアコンなどで身体が冷える
・こりや痛みなどを感じながらもケアせず無理に仕事を続けてしまっている

 

このような事例が体に持続的な負荷を与え、頚肩腕症候群を引き起こす理由に挙げられます。

精神的なストレスを過剰に感じても発症、悪化するといわれています。

朝から晩まで長時間デスクワークに集中して、正確かつ迅速に同じ作業を反復する状態が毎日続くと、身体も疲労し、神経もすり減り、ストレスがたまってきます。

これらの慢性的な疲労が、過労性疾患である頸肩腕症候群となります。

 

当院での「頸肩腕症候群」に対する治療の流れ

 → 問診票に現在のお悩みをご記入頂きます

 → 私どもがそのお悩みの根本原因を生活習慣などのお話しを伺いながら診察していきます

 → 考えられる原因、それに適した治療内容をお伝えします

 → 治療

 → 自宅であなたの生活スタイルに適したエクササイズをご提案

 → 終了

 

頸肩腕症候群は日常生活に潜む病例の1つです

お早めに当院にご相談ください

PAGE TOP