テニス肘

テニス肘

テニス肘について

テニス肘の正式な病名は「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」と言います。

 

テニスをする方に多いことから、通称「テニス肘」と呼ばれています。

40代/50代に多い肩の痛みを四十肩/五十肩と呼ぶようなものですね。

 

「テニス肘」は、テニス以外でのスポーツでも起こり得ます。

 

 

例えば..

 

  • バドミントン
  • 卓球
  • ゴルフ
  • 剣道 など  「テニス肘」仕事や日常生活でも発症することもあります。

 

例えば..

 

  • パソコンのキーボード操作を繰り返す方
  • スマホやタブレットをよく使う方
  • 重たいものを持ち運ぶことが多い方

 

 

【テニス肘の原因】

前腕の筋肉である「短橈側手根伸筋」に負荷がかかる事により、その筋肉が付着している「上腕骨外側上顆」にストレスがかかり、痛みが出てきます。

 

 

【テニス肘の治療】

「短橈側手根伸筋」の負担を減らして痛み軽減!

と上手くいかないことも考えられます。身体は複雑でありながら1つにつながっています。

肘に負担をかけている根本の原因が実は足首にあったり、膝であったり、肩、手首と…

その方の生活習慣や癖で考えられる原因や治療内容は変わってきます。

 

まずは

 → 問診票に現在のお悩みをご記入頂きます。

 → 私どもがそのお悩みの根本原因を生活習慣などのお話しを伺いながら診察していきます。

 → 考えられる原因、それに適した治療内容をお伝えします。

 → 治療

 → 自宅であなたの生活スタイルに適したエクササイズをご提案。

 → 終了!

 

スマホなども近年大きいサイズが目立つようになりましたね。

スマホで手首の腱鞘炎はイメージできても、肘が痛くなるなんて思わないのではないでしょうか。

その痛みや悩み、深刻になる前にご相談ください。

PAGE TOP