腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症状(ようぶせきちゅかんきょうさくしょう)

背骨にある脊柱管という神経を囲んでいる管が狭窄してしまう疾患です。

 

【特徴的な症状】

 

・間欠性跛行

 長い距離を続けて歩くことが困難であり、歩行と休息を繰り返すこと

・症状が「常に」ではない

 腰部脊柱管狭窄症では“腰痛”を強く感じるわけではなく、安静時はほとんど症状がない

・大腿部や膝から下へのシビレや痛み

 背中や腰を伸ばした状態での立ち姿勢や歩行で増強することも

 

 

 

 

 

【脊柱管狭窄症に負担となり得る事項】

×股関節や膝関節、足関節に痛みをもつ

×椎間板ヘルニアや側弯症と診断されたことがある

×長時間の運転やデスクワーク

×「アヒル」のようにお尻が後ろに突き出ている

 

腰部脊柱管狭窄症では姿勢を正しく保つ事が困難となります。

腰を伸ばして立つとシビレや痛みが強くなり、前かがみになると緩和します。

この痛みの緩和姿勢がだんだんと知らぬ間に本来の正しい姿勢から離れていき、身体的機能の低下を招きます。

 

 

 

 

このページをご覧になっている方へ

脊柱管狭窄症と検索すると“手術”というワードもよく出てきます。

手術で症状が軽減する声もあれば変わらないという声もしばしば

腰だけの強いマッサージも逆効果とも。

 

当院では腰部脊柱管狭窄症状の患者様には、仰向けでの治療をメインとして施術していきます。

何が言いたいかというと、単純な腰だけのマッサージはしないという事!!

国家資格を持つプロによる確かな治療技術を提供し、腰部脊柱管狭窄症にお悩みの方を一人でも多く救済したいと思っております。

PAGE TOP